9000万円増の3.5億円更改 西武中村に“山川の尻叩き”期待料

公開日: 更新日:

 現役選手としては晩年に差し掛かっても、「おかわり」が止まらない。

 2日、西武の中村剛也(36)が契約更改交渉を行い、9000万円アップの3億5000万円で一発サインした。

「それなりには貢献できたと思う」と話した中村だが、「それなり」どころの成績ではない。

 今季は2015年以来となる打点王のタイトル(123打点)に加え、キャリアハイの打率・286。30本塁打も同年以来で、チームのリーグVに貢献した。36歳のベテランに大盤振る舞いした西武は太っ腹だが、何よりこの年齢でこの成績を叩き出した中村に脱帽である。

 もっとも、球団の期待は成績だけにとどまらない。山川穂高(28)の壁としての役割だ。

 昨年は47本、今年は43本で2年連続本塁打王に輝いた山川は、17年終盤から今季中盤にかけて不動の4番打者ではあったが、8月に7番降格。代わりの4番に座ったのが、かつての主砲中村だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る