山岡も吉田正も大幅アップ…オリ最下位なのに“暖冬”のワケ

公開日: 更新日:

 オリックスに暖冬が押し寄せている。

 1日には山岡泰輔(24)が倍以上となる5500万円アップの1億円でサイン。1億1500万円増の2億円で判を押した吉田正尚(26)に続き、イチロー超えの球団最速大台突破となった。ここまでダウン提示でサインした選手は33人中5人だけ。それも小幅な減額が多く、大幅減俸となったのはT―岡田(31)の6000万円ダウンくらいだ。

 オリックスは今オフ、最下位でもFA市場に一切参加しなかった。退団が決定的とされるロメロ(31)の2億7500万円が浮くとはいえ、最下位チームにしては羽振りがいい。ある球団の元査定担当者はこう言う。

「昔は“どれだけ優勝に貢献したか”という指針も重視され、個人の成績が良くてもチームの成績が悪ければ、『優勝に貢献していない』『Aクラスに入っていれば』と突っぱねて、それが球団の逃げ道にもなっていた。しかし、今は細かい成績も一目瞭然の時代。さらに投手なら牽制のうまさ、野手なら守備範囲の広さ、強肩外野手は二塁走者を本塁へ走らせないといったことを材料に、他球団の選手やチームメートと比較したり交渉材料にすることも珍しくない。そうやって理詰めでこられると、ある程度は評価せざるを得ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る