オリ吉田正“イチロー超え”2億円到達も心から笑えないワケ

公開日: 更新日:

 あのイチローを超えた。

 29日、オリックス吉田正尚(26)が契約更改に臨み、年俸2億円で一発サイン。報道陣から金額を聞かれ、「トゥーハンドレッドミリオン」と上機嫌で答えた。

 今季年俸の8500万円からの大幅アップで、入団5年目での2億円突破はイチローの6年目をしのぐ球団最速。プロ5年目以内での2億円到達はNPB史上13人目のスピード出世となった(別表参照)。

 打率・322、29本塁打はキャリアハイ。オフには侍ジャパンのメンバーに選ばれたが結果を出せず、韓国との決勝では出番がなかった。これに吉田正は「一プレーヤーとしてそこ(決勝)に立ちたかった。もう一回アピールして、選んでもらえる数字を出すためには、開幕からが大切だと思う」と悔しさをにじませたが、こんな話もある。


「吉田はもともと“補欠”だったともっぱらでした。本命だったソフトバンクの柳田が8月に左膝裏肉離れから復帰して万全でなかったために出場を辞退。その代役として選ばれたといわれています。プレミア12では28人だったメンバーの人数も、東京五輪では24人。4人減ることになる。球数制限や登板間隔に制約がある中、投手を絞ることは厳しく、そうなれば、自然と野手が削減の対象になる可能性が高い。吉田もウカウカしてはいられません」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  10. 10

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る