オリ吉田正“イチロー超え”2億円到達も心から笑えないワケ

公開日: 更新日:

 あのイチローを超えた。

 29日、オリックス吉田正尚(26)が契約更改に臨み、年俸2億円で一発サイン。報道陣から金額を聞かれ、「トゥーハンドレッドミリオン」と上機嫌で答えた。

 今季年俸の8500万円からの大幅アップで、入団5年目での2億円突破はイチローの6年目をしのぐ球団最速。プロ5年目以内での2億円到達はNPB史上13人目のスピード出世となった(別表参照)。

 打率・322、29本塁打はキャリアハイ。オフには侍ジャパンのメンバーに選ばれたが結果を出せず、韓国との決勝では出番がなかった。これに吉田正は「一プレーヤーとしてそこ(決勝)に立ちたかった。もう一回アピールして、選んでもらえる数字を出すためには、開幕からが大切だと思う」と悔しさをにじませたが、こんな話もある。


「吉田はもともと“補欠”だったともっぱらでした。本命だったソフトバンクの柳田が8月に左膝裏肉離れから復帰して万全でなかったために出場を辞退。その代役として選ばれたといわれています。プレミア12では28人だったメンバーの人数も、東京五輪では24人。4人減ることになる。球数制限や登板間隔に制約がある中、投手を絞ることは厳しく、そうなれば、自然と野手が削減の対象になる可能性が高い。吉田もウカウカしてはいられません」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る