阪神はせっかち球団 新助っ人ボア“ソラーテの二の舞”危惧

公開日: 更新日:

 この球団に「我慢」の二文字はあるか。

 阪神の新助っ人として期待される、前エンゼルスのジャスティン・ボア(31)。メジャー通算92本塁打の大砲ながら、本紙は11月30日付の紙面で「左投手が苦手」「変化球を打てない」「スロースターター」という弱点を抱えていると指摘した。

 日本球界にアジャストするには、少々時間がかかりそうだが、阪神という球団がそれを許してくれるかどうか。なにせ、この球団のこらえ性のなさには定評がある。

 阪神の助っ人は開幕前から地元メディアに過剰な評価をされることが多く、ボアも左のパワーヒッターというだけで早くも「バースの再来」だ。前評判が高くなればなるほど、打てないときの落差も大きい。その上、阪神ファンや在阪メディアは気が早いから、2016年のヘイグ、17年のキャンベルがそうだったように、開幕からモタつくようなら4月中に早々と二軍落ちするケースは山ほどある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る