藤浪再生に奮闘 山本昌フィーバーは虎お得意の目くらまし

公開日: 更新日:

 矢野監督に言わせれば、成果は100点に近いそうである。

 19日、阪神が秋季キャンプを打ち上げた。中でも注目を集めたのは、中日OBのレジェンド、山本昌臨時コーチの奮闘ぶりだ。初日から身ぶり手ぶりを交え、若手中心の投手陣に惜しげもなく技術や知識を伝授。16、17日は所用で一時離脱したものの、翌日には再合流していた。

 もっとも注力していたのが藤浪の再生だ。重度の制球難に陥る右腕にチェンジアップを教え、リリース時に手首を立て、上からボールを叩けるよう、腕の振りの改善を促した。中日時代の後輩である川上憲伸氏のカットボールの握り方も伝えるなど、アノ手コノ手で背中を押した。

 とはいえ、藤浪は17日の紅白戦は2回3安打3失点、2つの四球を与え、1暴投。復活への道のりは遠い。

「山本昌は来春キャンプも参加する予定というが、シーズン通して指導できるわけではない。今回の取り組みを一過性のものにしてはいけない」とは、とある阪神OB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る