阪神にお家騒動勃発!藤浪“見切り発車”の裏にエースの造反

公開日: 更新日:

 予定外の登板だったという。

 昨1日、阪神藤浪晋太郎(25)が中日戦で今季初の一軍マウンドに上がり、4回3分の1、4安打、6四球、2死球、1失点でマウンドを降りた。2つの死球はいずれも木下に対してのもの。直球とスライダーがスッポ抜けた。“重症”の制球難は相変わらずだった。

■このまま退団が濃厚に

 そんな藤浪の一軍復帰登板の裏で、阪神に内紛が勃発していることが判明した。さる阪神OBが声を潜めてこう言う。

「藤浪はもうしばらく二軍で調整するはずだった。ところが、誤算が生じた。先月末、右肩治療のため米国へ一時帰国したメッセンジャー(37)が、今季限りで退団することが濃厚だというのです。5年連続で開幕投手を務めたエース離脱の緊急事態に加え、先発投手陣のコマ不足が重なり、矢野監督は藤浪の一軍昇格を前倒しせざるを得なくなったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る