阪神にお家騒動勃発!藤浪“見切り発車”の裏にエースの造反

公開日: 更新日:

 予定外の登板だったという。

 昨1日、阪神の藤浪晋太郎(25)が中日戦で今季初の一軍マウンドに上がり、4回3分の1、4安打、6四球、2死球、1失点でマウンドを降りた。2つの死球はいずれも木下に対してのもの。直球とスライダーがスッポ抜けた。“重症”の制球難は相変わらずだった。

■このまま退団が濃厚に

 そんな藤浪の一軍復帰登板の裏で、阪神に内紛が勃発していることが判明した。さる阪神OBが声を潜めてこう言う。

「藤浪はもうしばらく二軍で調整するはずだった。ところが、誤算が生じた。先月末、右肩治療のため米国へ一時帰国したメッセンジャー(37)が、今季限りで退団することが濃厚だというのです。5年連続で開幕投手を務めたエース離脱の緊急事態に加え、先発投手陣のコマ不足が重なり、矢野監督は藤浪の一軍昇格を前倒しせざるを得なくなったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  4. 4

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  7. 7

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る