山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

西武復帰の松坂は印象的かつ木っ端みじんにはじけ散って

公開日: 更新日:

 松坂大輔西武復帰が決まった。実に14年ぶりとのこと。もうそんなに経ったのか……と感慨深い気持ちになった。

 横浜高校から西武に入団し、いきなり目覚ましい活躍をした平成の怪物の記憶は、今も鮮明に残っている。西武の絶対的エースとして君臨した8年間はもちろん、その後MLBのレッドソックスに移籍し、初年度は15勝、2年目は18勝を挙げるなど、つまり計10年間の松坂は本当にセンセーショナルだった。

 しかし、その後の10年間は故障の連続で苦しみ続けた。近年は衰えも見受けられる。もう39歳なのだから衰えは当然だが、活躍したのが最初の10年間で、活躍できなくなってからも10年経ったと思うと、松坂の活躍期間は案外短かったようにも感じられる。

 世間では、そんな松坂の西武復帰について「引退への花道」「客寄せパンダ」などと見る声が多いようだ。正直、私もそう思う。松坂は最後の花道を飾るために、いわば美しく引退するために、栄光の記憶が色濃く残る古巣に帰るのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る