山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

FA補強より育成 阪神の来季の順位は…まあいいでしょう

公開日: 更新日:

■伝統のFA補強はなし?

 今オフの阪神タイガースはFA補強を行わない方針だという。一部報道によると、投手の補強についてはMLBのパドレスを自由契約になった牧田和久の調査を進め、打つほうは新たな外国人大砲の獲得を目指すとのこと。確かに今年のFA市場には今の阪神の補強ポイントに合致している選手が少ないため、妥当な判断かもしれない。

 もともと、阪神はFA補強に積極的な球団であった。これまで獲得したFA選手は巨人(26人)、ソフトバンク(13人)に続く12人。中でもかつての金本知憲新井貴浩、現役の糸井嘉男西勇輝あたりは代表的なところだろう。特に金本は「それまで弱かった阪神に革命を起こした」として語り継がれているため、金本の成功によって阪神がFA補強に味を占めたと見る向きも少なくないが、実際は金本以前から石嶺和彦や星野伸之、片岡篤史といった大物選手をFAで獲得している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る