山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

FA補強より育成 阪神の来季の順位は…まあいいでしょう

公開日: 更新日:

■伝統のFA補強はなし?

 今オフの阪神タイガースはFA補強を行わない方針だという。一部報道によると、投手の補強についてはMLBのパドレスを自由契約になった牧田和久の調査を進め、打つほうは新たな外国人大砲の獲得を目指すとのこと。確かに今年のFA市場には今の阪神の補強ポイントに合致している選手が少ないため、妥当な判断かもしれない。

 もともと、阪神はFA補強に積極的な球団であった。これまで獲得したFA選手は巨人(26人)、ソフトバンク(13人)に続く12人。中でもかつての金本知憲新井貴浩、現役の糸井嘉男西勇輝あたりは代表的なところだろう。特に金本は「それまで弱かった阪神に革命を起こした」として語り継がれているため、金本の成功によって阪神がFA補強に味を占めたと見る向きも少なくないが、実際は金本以前から石嶺和彦や星野伸之、片岡篤史といった大物選手をFAで獲得している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る