山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

原監督のセDH制導入には大賛成だが…タイミングが悪すぎた

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督が提言したセ・リーグのDH制導入の件だが、ニュースなどを見る限り、今のところ否定的な意見が多いようだ。中でもメディアを通してはっきりと反対の意を示したプロ野球OBは、広岡達朗氏、張本勲氏、岡田彰布氏、堀内恒夫氏。年配層が守旧派となるのは想定の範囲内だが、原監督と同世代で古くからの盟友でもある岡田氏の反対については、私も意外だった。

 最初に結論から申し上げると、私はセのDH制導入に大賛成である。今や世界中の多くのプロ・アマリーグでDH制が採用されており、いわゆる9人野球をかたくなに維持しているのは、セの他にMLBのナ・リーグや日本の東京六大学、関西学生野球などごくわずか。ガラケーみたいなものだ。

 また、この手の議論になると、必ず「9人=本来の野球」という言説が出てくるが、この「本来」という言葉はそもそも疑ってみたほうがいいと思う。ルールというのは時代とともに少しずつ変化しながら形成されていくものだから、なにが本来・本流かなんて簡単にはわからない。我々が本来・本流だと思い込んでいるものの多くが、実際は「旧来」でしかないということもありえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る