山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

原監督のセDH制導入には大賛成だが…タイミングが悪すぎた

公開日: 更新日:

 巨人の原辰徳監督が提言したセ・リーグのDH制導入の件だが、ニュースなどを見る限り、今のところ否定的な意見が多いようだ。中でもメディアを通してはっきりと反対の意を示したプロ野球OBは、広岡達朗氏、張本勲氏、岡田彰布氏、堀内恒夫氏。年配層が守旧派となるのは想定の範囲内だが、原監督と同世代で古くからの盟友でもある岡田氏の反対については、私も意外だった。

 最初に結論から申し上げると、私はセのDH制導入に大賛成である。今や世界中の多くのプロ・アマリーグでDH制が採用されており、いわゆる9人野球をかたくなに維持しているのは、セの他にMLBのナ・リーグや日本の東京六大学、関西学生野球などごくわずか。ガラケーみたいなものだ。

 また、この手の議論になると、必ず「9人=本来の野球」という言説が出てくるが、この「本来」という言葉はそもそも疑ってみたほうがいいと思う。ルールというのは時代とともに少しずつ変化しながら形成されていくものだから、なにが本来・本流かなんて簡単にはわからない。我々が本来・本流だと思い込んでいるものの多くが、実際は「旧来」でしかないということもありえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る