山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

受賞者に異論はないが…MVPと新人王の記者投票結果に愕然

公開日: 更新日:

 セ・リーグの新人王がヤクルト村上宗隆に決まった。村上は高卒2年目の今季、打率・231、本塁打36、打点96を記録。本来ならぶっちぎりの新人王だろうが、阪神のルーキー・近本光司がセの新人最多安打記録を更新する159安打を放ち、36盗塁で盗塁王も獲得したため、記者投票では接戦となった。

 あらためて投票結果を見てみると、有効投票数299票のうち、168票が村上、129票が近本。その差39票で村上に軍配が上がったわけだが、そもそも長距離砲の村上と俊足のリードオフマンである近本の成績を比較すること自体が難しいため、これは本当に甲乙つけがたい。よって、近本には新人特別賞を授与することとなった。

 私は虎党だが、この結果に文句はない。たとえ村上と近本の投票結果が逆であっても、それはそれで一部から異論は出るだろうし、それどころか在阪の虎番記者による組織票がどうちゃら……などと批判されていたかもしれない。記者投票で選ぶ以上、時の運もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る