山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

受賞者に異論はないが…MVPと新人王の記者投票結果に愕然

公開日: 更新日:

 セ・リーグの新人王がヤクルト村上宗隆に決まった。村上は高卒2年目の今季、打率・231、本塁打36、打点96を記録。本来ならぶっちぎりの新人王だろうが、阪神のルーキー・近本光司がセの新人最多安打記録を更新する159安打を放ち、36盗塁で盗塁王も獲得したため、記者投票では接戦となった。

 あらためて投票結果を見てみると、有効投票数299票のうち、168票が村上、129票が近本。その差39票で村上に軍配が上がったわけだが、そもそも長距離砲の村上と俊足のリードオフマンである近本の成績を比較すること自体が難しいため、これは本当に甲乙つけがたい。よって、近本には新人特別賞を授与することとなった。

 私は虎党だが、この結果に文句はない。たとえ村上と近本の投票結果が逆であっても、それはそれで一部から異論は出るだろうし、それどころか在阪の虎番記者による組織票がどうちゃら……などと批判されていたかもしれない。記者投票で選ぶ以上、時の運もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る