山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

現役復帰に挑戦 新庄を魅力的に見せる野球という強い本質

公開日: 更新日:

 新庄剛志が現役復帰に挑戦するという。なんでも来年のトライアウトを受験する予定らしく、大きな話題を呼んでいる。

 これ、よく考えてみればそんなに驚くべきニュースではないと思う。実際に復帰するわけではなく、挑戦するということなのだから、そんなのは個人の自由だろう。ニュースになっていない、あるいは公に表明していないだけで、実は同じように現役復帰を目指している元プロ野球選手は他にもいるかもしれない。

 だから、この新庄の決意に敏感に反応して、わざわざ「47歳だからさすがに無理だ」とか「せいぜい客寄せパンダになるだけでしょう」などと冷ややかに意見したところで、それは新庄本人のみならず、誰が考えても想定の範囲内でしかなく、「やってみなければわからない」「1%の可能性がある限り、挑戦はできる」などといった少年ジャンプ的なキラキラワードで反撃されるのが目に見えている。実際、その通りの結果を招いたプロ野球OBもいたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る