山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

現役復帰に挑戦 新庄を魅力的に見せる野球という強い本質

公開日: 更新日:

 新庄剛志が現役復帰に挑戦するという。なんでも来年のトライアウトを受験する予定らしく、大きな話題を呼んでいる。

 これ、よく考えてみればそんなに驚くべきニュースではないと思う。実際に復帰するわけではなく、挑戦するということなのだから、そんなのは個人の自由だろう。ニュースになっていない、あるいは公に表明していないだけで、実は同じように現役復帰を目指している元プロ野球選手は他にもいるかもしれない。

 だから、この新庄の決意に敏感に反応して、わざわざ「47歳だからさすがに無理だ」とか「せいぜい客寄せパンダになるだけでしょう」などと冷ややかに意見したところで、それは新庄本人のみならず、誰が考えても想定の範囲内でしかなく、「やってみなければわからない」「1%の可能性がある限り、挑戦はできる」などといった少年ジャンプ的なキラキラワードで反撃されるのが目に見えている。実際、その通りの結果を招いたプロ野球OBもいたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る