中日ロドリゲスがメジャー復帰 巨人は国内補強3連敗の屈辱

公開日: 更新日:

 やはり、帰って来なかった。

 中日で今季、セ・リーグの最優秀中継ぎ投手に輝いた左腕ジョエリー・ロドリゲス(28)が、米大リーグのレンジャーズと2年総額550万ドル(約6億500万円)で契約したと球団公式サイトが報じた。

 2018年に中日入りして今季は64試合に登板し、3勝4敗1セーブ、41ホールドで初のタイトルを獲得。防御率は1・64だった。

 今季の年俸は7000万円。中日と契約が切れる最速159キロ左腕を、巨人は当初、オフの補強の目玉と位置付け、水面下で調査を続けていた。しかし、巨人の大塚球団副代表は先月末、「(阪神のジョンソンを含めた2人は)メジャーに行くという情報が入ってきた。調査した結果、ロドリゲスもジョンソンもメジャーじゃないか」と発言。2人はまだ中日と阪神に独占交渉権がある段階で、巨人の幹部が去就について言及するという異例の発言が物議を醸した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る