巨人坂本は5年契約5億円 5年務めた主将の座も現状維持の訳

公開日: 更新日:

 巨人坂本勇人(30)が6日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、年俸5億円の現状維持でサインした。

 13年目の今季は開幕から36試合連続出塁でリーグ新記録。主将として全試合に出場し、打率・312、94打点、キャリアハイとなるリーグ2位の40本塁打をマークした。リーグ初の遊撃手でMVPを獲得。ゴールデングラブ賞、ベストナインなど各賞を総なめにし、チームを5年ぶりのリーグ優勝に導いた。しかし、昨オフに3年目までは固定、4年目以降は変動制の契約を結んでおり、現状維持での更改となった。

 坂本はシーズン後、球団側に5年間務めた主将の座を降りたいと願い出た。が、原監督は「日本一になってからバトンは譲ろうじゃないか」と突っぱねたことを明かし、引き続き来季も坂本の続投が決まっている。

 坂本は「早く次にやる選手が出てこないと」と後輩の台頭を望んでいるが、現状で後継者となり得るのは4番を張る岡本和真(23)くらい。その岡本も4番に定着して2年しか経っておらず、時期尚早という原監督の判断がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  5. 5

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る