巨人坂本は5年契約5億円 5年務めた主将の座も現状維持の訳

公開日: 更新日:

 巨人坂本勇人(30)が6日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、年俸5億円の現状維持でサインした。

 13年目の今季は開幕から36試合連続出塁でリーグ新記録。主将として全試合に出場し、打率・312、94打点、キャリアハイとなるリーグ2位の40本塁打をマークした。リーグ初の遊撃手でMVPを獲得。ゴールデングラブ賞、ベストナインなど各賞を総なめにし、チームを5年ぶりのリーグ優勝に導いた。しかし、昨オフに3年目までは固定、4年目以降は変動制の契約を結んでおり、現状維持での更改となった。

 坂本はシーズン後、球団側に5年間務めた主将の座を降りたいと願い出た。が、原監督は「日本一になってからバトンは譲ろうじゃないか」と突っぱねたことを明かし、引き続き来季も坂本の続投が決まっている。

 坂本は「早く次にやる選手が出てこないと」と後輩の台頭を望んでいるが、現状で後継者となり得るのは4番を張る岡本和真(23)くらい。その岡本も4番に定着して2年しか経っておらず、時期尚早という原監督の判断がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る