巨人クビのビヤヌエバ獲得 日ハム栗山監督“拾う神”の目算

公開日: 更新日:

 二匹目のドジョウとなるかどうか。

 日本ハムが5日、今季限りで巨人をクビになったクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(28)の獲得を発表した。

 ビヤヌエバは昨年、パドレスで110試合に出場して20本塁打。巨人が大砲候補として獲得するも、73試合に出場して打率・223、8本塁打、24打点。一、二軍を行ったり来たりで、このオフ、クビになった。

 巨人から日本ハムに移籍して開花した選手といえば、大田泰示(29)だろう。2008年のドラフト1位ながら巨人での8年間で9本塁打。16年オフに吉川らとのトレードで日本ハム入りすると、翌17年からレギュラーに定着し、15、14、20本と3年連続で2ケタ本塁打を放っている。ビヤヌエバは大田のように化ける可能性があるのか。

「三塁守備は間違いなく合格点。なので辛抱強く使えるし、まだ28歳という年齢を考えたら、打つ方も日本の投手に適応できるとフロントは計算しているようです」と、さる日本ハムOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る