巨人クビのビヤヌエバ獲得 日ハム栗山監督“拾う神”の目算

公開日: 更新日:

 二匹目のドジョウとなるかどうか。

 日本ハムが5日、今季限りで巨人をクビになったクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(28)の獲得を発表した。

 ビヤヌエバは昨年、パドレスで110試合に出場して20本塁打。巨人が大砲候補として獲得するも、73試合に出場して打率・223、8本塁打、24打点。一、二軍を行ったり来たりで、このオフ、クビになった。

 巨人から日本ハムに移籍して開花した選手といえば、大田泰示(29)だろう。2008年のドラフト1位ながら巨人での8年間で9本塁打。16年オフに吉川らとのトレードで日本ハム入りすると、翌17年からレギュラーに定着し、15、14、20本と3年連続で2ケタ本塁打を放っている。ビヤヌエバは大田のように化ける可能性があるのか。

「三塁守備は間違いなく合格点。なので辛抱強く使えるし、まだ28歳という年齢を考えたら、打つ方も日本の投手に適応できるとフロントは計算しているようです」と、さる日本ハムOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る