元阪急・高井保弘氏死去 代打HR世界記録生んだ5冊のノート

公開日: 更新日:

 世界一の代打が天国に旅立った。

 13日、元阪急の高井保弘氏が腎不全のため、西宮市内の病院で死去。享年74だった。

 愛媛県出身の高井氏は今治西を卒業後、名古屋日産モーターを経て、1964年に阪急入り。二軍では首位打者、打点王、本塁打王などを獲得するも、一軍にはなかなか呼ばれなかった。それでも控えとして活路を見いだし、代打での通算本塁打27本は、いまだ破られていない世界記録となっている。

 高井氏を取材したことがあるノンフィクションライターの織田淳太郎氏が言う。

「高井さんが代打として飛躍するきっかけになったのが、当時一塁のスタメンだったスペンサーです。試合中、スペンサーがベンチで相手投手のクセをメモする姿を見て、真似をするようになった。『どうせなら誰もやらないところまでやろう』と研究に研究を重ね、パ5球団の投手のクセを書いたノートは実に5冊。例えば、『江夏は振りかぶった時、グラブの土手が縮んで見えれば直球』など、普通は気付かないようなことまで事細かに書いていた」

 偉大なる代打屋に合掌。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る