巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

公開日: 更新日:

 その映像をチェックした巨人の原監督はベタボメしたという。基本合意した新外国人右腕アンヘル・サンチェス(30=185センチ、88キロ、右投げ右打ち)に関してだ。

 サンチェスは2017年にメジャーデビュー。昨季から韓国のSKでプレーし、今季は17勝5敗、防御率2・62。28試合に登板して被本塁打はわずか2本だった。

 17年はパイレーツで8試合、計12回3分の1に登板して被本塁打は5。投げるたびに一発を食らっていたが、「サンチェスは15年のシーズン後にトミー・ジョン手術を受け、16年シーズンは全休している。17年は手術明けで、思うように腕が振れなかった可能性が高い。今季になって、ようやく本来の投球ができるようになったのではないか」とスポーツライターの友成那智氏がこう言う。

「彼は内野ゴロで打者を打ち取るタイプ。典型的なゴロボールピッチャーです。持ち球である150キロ中盤のフォーシームは、通常の浮き上がるようなライジングボールではなく、打者の手元で沈むシンカー系です。このシンカー系の速球と、逆に曲がるカットボールでボールを内外角に散らしてゴロを量産する。他にカーブとチェンジアップを投げますが、この沈む速球は狭い東京ドームで武器になると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る