巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

公開日: 更新日:

 その映像をチェックした巨人の原監督はベタボメしたという。基本合意した新外国人右腕アンヘル・サンチェス(30=185センチ、88キロ、右投げ右打ち)に関してだ。

 サンチェスは2017年にメジャーデビュー。昨季から韓国のSKでプレーし、今季は17勝5敗、防御率2・62。28試合に登板して被本塁打はわずか2本だった。

 17年はパイレーツで8試合、計12回3分の1に登板して被本塁打は5。投げるたびに一発を食らっていたが、「サンチェスは15年のシーズン後にトミー・ジョン手術を受け、16年シーズンは全休している。17年は手術明けで、思うように腕が振れなかった可能性が高い。今季になって、ようやく本来の投球ができるようになったのではないか」とスポーツライターの友成那智氏がこう言う。

「彼は内野ゴロで打者を打ち取るタイプ。典型的なゴロボールピッチャーです。持ち球である150キロ中盤のフォーシームは、通常の浮き上がるようなライジングボールではなく、打者の手元で沈むシンカー系です。このシンカー系の速球と、逆に曲がるカットボールでボールを内外角に散らしてゴロを量産する。他にカーブとチェンジアップを投げますが、この沈む速球は狭い東京ドームで武器になると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  5. 5

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る