ブルージェイズ山口は厳しい契約 出来高稼ぐなら先発のみ

公開日: 更新日:

 ブルージェイズ入団が決まった山口俊(32)の契約の詳細が明らかになった。

 2年契約で年俸総額は635万ドル(約6億9900万円)。出来高(1年分の満額で140万ドル=約1億5400万円)も含めれば、最大915万ドル(約10億円)になる。

 出来高は投球回数ごとに細かく設定され、70回から120回まで10イニングごとに10万ドル(約1100万円)ずつ加算。130回以降はイニングを追うごとに加算される額が増え、170回なら25万ドル(約2750万円)がプラスされる。

 メジャーの先発投手はエース級なら200イニングがノルマだ。昨季、ブルージェイズの先発陣で200イニングに到達したのは皆無で、チームトップタイの6勝(9敗)をマークした新人右腕ソーントンの154回3分の1が最多だった。投手陣が崩壊状態のブ軍で、170イニングを投げればエース級と認められるとはいえ、山口の日本での実績を見る限りでは厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る