坂本や丸ら4人が特別扱い 巨人キャンプ「S班」のトラウマ

公開日: 更新日:

 巨人は17日、ジャイアンツ球場で原辰徳監督(61)を交えたコーチ会議を行い、来月行われる春季キャンプの方針を話し合った。

 2016年以来となる「スペシャル(S)班」では坂本勇人(31)、丸佳浩(30)、亀井善行(37)、炭谷銀仁朗(32)がキャンプインする。二軍扱いながら、独自調整が許される特別班のことで、原監督は「(宮崎キャンプ)第3クールから入れ替える」と4人を2月11日から一軍に合流させると明言。「11日から準備していけば、沖縄に行ってもスムーズになる」と説明した。

「S班」はこれで3度目となるが、巨人の関係者にいい思い出はない。

 高橋由伸前監督が就任1年目の16年、S班として独自調整を許可した阿部がキャンプ中に右肩を痛め、5月まで二軍調整を余儀なくされた。そんな由伸前監督自身も、原前政権時の11年にベテラン選手としてS班に入ったものの、この年は前年の打率・268から・246と成績を落とし、出場試合数も116試合から95試合に減少した。同様にこの班で調整した小笠原に至っては、前年の打率・308から・242に急降下。原監督は翌年からベテランの特別扱いを撤廃した経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る