巨人に山口俊の後釜問題…首脳陣「若手にチャンス」の真意

公開日: 更新日:

 昨季15勝投手の穴埋めはできるのか――。巨人の一番の課題が、昨季最多勝で、ブルージェイズへポスティング移籍した山口俊(32)の後釜探しである。

 先発投手はこのオフの補強ポイントだったが、FA戦線では美馬を取り逃がすなど後手に回った。その分、原監督や元木ヘッドコーチ、宮本投手チーフコーチは盛んに「若手にはチャンスがある」と尻を叩く。特に宮本コーチは「若手出てこい」と連日ハッパをかけるのに躍起である。

 確かに戸郷翔征(19)、高田萌生(21)、古川侑利(24)といった若手有望株は、いるにはいる。宮本コーチは宮崎1次キャンプで、昨年は17人だった一軍投手を20人に増員するとし、サバイバルの要素を強めているが……。

 巨人のあるコーチが「山口の穴はまずは新外国人のサンチェス(30)に期待しています。でも、もし使えなかったらピンチですよね。その分、若手にはチャンスがある年だと思いますけどね」と話すように、まずは昨季韓国リーグで17勝を挙げた助っ人右腕頼み。その後に誰か新星が台頭してくれれば、といったところのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  8. 8

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る