巨人に山口俊の後釜問題…首脳陣「若手にチャンス」の真意

公開日: 更新日:

 昨季15勝投手の穴埋めはできるのか――。巨人の一番の課題が、昨季最多勝で、ブルージェイズへポスティング移籍した山口俊(32)の後釜探しである。

 先発投手はこのオフの補強ポイントだったが、FA戦線では美馬を取り逃がすなど後手に回った。その分、原監督や元木ヘッドコーチ、宮本投手チーフコーチは盛んに「若手にはチャンスがある」と尻を叩く。特に宮本コーチは「若手出てこい」と連日ハッパをかけるのに躍起である。

 確かに戸郷翔征(19)、高田萌生(21)、古川侑利(24)といった若手有望株は、いるにはいる。宮本コーチは宮崎1次キャンプで、昨年は17人だった一軍投手を20人に増員するとし、サバイバルの要素を強めているが……。

 巨人のあるコーチが「山口の穴はまずは新外国人のサンチェス(30)に期待しています。でも、もし使えなかったらピンチですよね。その分、若手にはチャンスがある年だと思いますけどね」と話すように、まずは昨季韓国リーグで17勝を挙げた助っ人右腕頼み。その後に誰か新星が台頭してくれれば、といったところのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る