石川遼も24位と惨敗…日本人プロに欠如した勝利への執念

公開日: 更新日:

【SMBCシンガポールオープン】最終日

 今大会は2016年に日本ツアーとアジアンツアーとの共同開催でスタートして5年目。日本ツアーから60選手が出場したが、今年も日本人プロは勝てなかった。

 最終日は首位発進のM・クーチャー(41=米国)が、7番パー5で木の根そばのボールを空振りしたり、カート道に大きくはねてロストボールになるトラブルが続いてトリプルボギーだったが、67で回ったJ・ローズ(39=英国)の猛追をしのいで優勝した。

 また有資格者を除く上位4選手に全英オープン出場権が与えられ、通算11アンダー6位の木下稜介(28)がメジャー初切符を手に入れた。

「木下がメジャー出場権を獲得して、どうにか日本ツアーの面目を保ったが、優勝争いに日本人プロがひとりも絡んでこなかったのは非常に残念。国内開幕戦に向けたオフの調整気分で出場しているのではないかと疑ってしまう。クーチャーは前半にトリプルボギーをたたいても、そこから粘り強く立て直した。どんな大会であっても戦う気迫と執念が伝わってきたが、日本人プロは技術不足もあるが必死さが足りない。そんなプロたちのプレーを今年も見せられるのかと思うとガッカリだ」(評論家・宮崎紘一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る