石川遼も24位と惨敗…日本人プロに欠如した勝利への執念

公開日: 更新日:

【SMBCシンガポールオープン】最終日

 今大会は2016年に日本ツアーとアジアンツアーとの共同開催でスタートして5年目。日本ツアーから60選手が出場したが、今年も日本人プロは勝てなかった。

 最終日は首位発進のM・クーチャー(41=米国)が、7番パー5で木の根そばのボールを空振りしたり、カート道に大きくはねてロストボールになるトラブルが続いてトリプルボギーだったが、67で回ったJ・ローズ(39=英国)の猛追をしのいで優勝した。

 また有資格者を除く上位4選手に全英オープン出場権が与えられ、通算11アンダー6位の木下稜介(28)がメジャー初切符を手に入れた。

「木下がメジャー出場権を獲得して、どうにか日本ツアーの面目を保ったが、優勝争いに日本人プロがひとりも絡んでこなかったのは非常に残念。国内開幕戦に向けたオフの調整気分で出場しているのではないかと疑ってしまう。クーチャーは前半にトリプルボギーをたたいても、そこから粘り強く立て直した。どんな大会であっても戦う気迫と執念が伝わってきたが、日本人プロは技術不足もあるが必死さが足りない。そんなプロたちのプレーを今年も見せられるのかと思うとガッカリだ」(評論家・宮崎紘一氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか