笠問題もウヤムヤ…白熱ツアーに水差す小林浩美会長の悪名

公開日: 更新日:

【大王製紙エリエールレディス】第1日

 今季女子ツアーは今大会と最終戦の残り2試合だけになり、賞金女王レースがヒートアップしている。初日はランク首位の鈴木愛(25)が1アンダー36位タイと出遅れ、約775万円差で追うランク2位の申ジエ(31)と、約2431万円差・同3位の渋野日向子(21)がトップと2打差の2位タイと好スタートを切った。今週は優勝賞金1800万円。最終戦は3000万円だけに、タイトルの行方が面白くなってきた。

 そんな白熱する女子ツアー終盤に一人カリカリしているのが小林浩美会長だ。

 4戦前のマスターズGCレディースで起きた“バスタオル事件”の調査結果や厳重処分の理由が明らかになっておらず、先週は説明を求めたメディアに逆上するトラブルを起こしている。

■説明責任を何も果たしていない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  10. 10

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る