笠問題もウヤムヤ…白熱ツアーに水差す小林浩美会長の悪名

公開日: 更新日:

【大王製紙エリエールレディス】第1日

 今季女子ツアーは今大会と最終戦の残り2試合だけになり、賞金女王レースがヒートアップしている。初日はランク首位の鈴木愛(25)が1アンダー36位タイと出遅れ、約775万円差で追うランク2位の申ジエ(31)と、約2431万円差・同3位の渋野日向子(21)がトップと2打差の2位タイと好スタートを切った。今週は優勝賞金1800万円。最終戦は3000万円だけに、タイトルの行方が面白くなってきた。

 そんな白熱する女子ツアー終盤に一人カリカリしているのが小林浩美会長だ。

 4戦前のマスターズGCレディースで起きた“バスタオル事件”の調査結果や厳重処分の理由が明らかになっておらず、先週は説明を求めたメディアに逆上するトラブルを起こしている。

■説明責任を何も果たしていない

 今週は当事者の笠りつ子が会場を訪れてメディアに謝罪したが、屋外での囲み会見だったのも小林会長がクラブハウスの使用を認めなかったからだ。本来なら小林会長と笠がそろって一刻も早く会見を開き、経緯説明と謝罪して頭を下げるべきだが、会長が逃げ回っている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今