海外での稼ぎ無視 ZOZO大会「賞金加算対象外」にする愚策

公開日: 更新日:

 看板に偽りあり、だ。

 今年、米ツアーとの共催大会として話題を呼んだ新設の「ZOZOチャンピオンシップ」(10月24~28日=千葉・習志野CC)。T・ウッズやR・マキロイら、世界トッププロのスーパーショット見たさに、練習日からギャラリー数は1万1000人を超え、日曜日には高額チケットにもかかわらず2万人以上を集めた。雨天のため順延になった第4ラウンドの残りは月曜日に行われ、ウッズと松山の優勝争いで盛り上がった。

 この大会は賞金総額975万ドル(約10億6600万円)、優勝賞金175万ドル(約1億9128万円)と高額なため、国内ツアーの賞金ランキング加算率は50%に制限されていた。それが、来季は賞金加算対象外になる。

 その理由について日本ゴルフツアー機構(JGTO)は、スポンサーや選手からの声により、賞金王争いを盛り上げるために賞金加算対象外にしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

もっと見る