5投手にメジャー挑戦の目も…エース級評価は1人もいない

公開日: 更新日:

「今年は忙しくなりそうですね」

 年明け、日本の情報提供者から電話がかかってきた。

 秋山がレッズ、筒香がレイズ、山口がブルージェイズに入団したこのオフに続き、今年は巨人菅野智之(30)、ソフトバンク千賀滉大(26)、DeNAの山崎康晃(27)、日本ハム有原航平(27)、ロッテ石川歩(31)と、投手だけで5人が海を渡るかもしれないという。

 少しでも高いステージで自分の実力を試したいと思うのは、アスリートの本能でもある。メジャー挑戦という欲を持つのは自由だが、必ずしも本人が希望するような条件で受け入れてもらえるわけではない。

 重要なのはストライクゾーンの四隅をつける速球の制球力と、絶対的な武器になる変化球を備えていること。162試合のシーズンを乗り切る体力、最低限の球速があることなどは前提だが、メジャーでもエース級の評価を受ける投手はみな速球の制球力と絶対的な変化球を持ち合わせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る