5投手にメジャー挑戦の目も…エース級評価は1人もいない

公開日: 更新日:

「今年は忙しくなりそうですね」

 年明け、日本の情報提供者から電話がかかってきた。

 秋山がレッズ、筒香がレイズ、山口がブルージェイズに入団したこのオフに続き、今年は巨人菅野智之(30)、ソフトバンク千賀滉大(26)、DeNAの山崎康晃(27)、日本ハム有原航平(27)、ロッテ石川歩(31)と、投手だけで5人が海を渡るかもしれないという。

 少しでも高いステージで自分の実力を試したいと思うのは、アスリートの本能でもある。メジャー挑戦という欲を持つのは自由だが、必ずしも本人が希望するような条件で受け入れてもらえるわけではない。

 重要なのはストライクゾーンの四隅をつける速球の制球力と、絶対的な武器になる変化球を備えていること。162試合のシーズンを乗り切る体力、最低限の球速があることなどは前提だが、メジャーでもエース級の評価を受ける投手はみな速球の制球力と絶対的な変化球を持ち合わせている。

 5人の中には、わたしが実際に日本で見た投手もいれば、そうでない投手もいる。なので情報提供者と電話で意見をすり合わせてみたが、現時点でエース級の評価を得そうな投手はひとりもいなかった。課題を抱えていたり、今年の結果次第という条件付きだったりするからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍