5投手にメジャー挑戦の目も…エース級評価は1人もいない

公開日: 更新日:

「今年は忙しくなりそうですね」

 年明け、日本の情報提供者から電話がかかってきた。

 秋山がレッズ、筒香がレイズ、山口がブルージェイズに入団したこのオフに続き、今年は巨人菅野智之(30)、ソフトバンク千賀滉大(26)、DeNAの山崎康晃(27)、日本ハム有原航平(27)、ロッテ石川歩(31)と、投手だけで5人が海を渡るかもしれないという。

 少しでも高いステージで自分の実力を試したいと思うのは、アスリートの本能でもある。メジャー挑戦という欲を持つのは自由だが、必ずしも本人が希望するような条件で受け入れてもらえるわけではない。

 重要なのはストライクゾーンの四隅をつける速球の制球力と、絶対的な武器になる変化球を備えていること。162試合のシーズンを乗り切る体力、最低限の球速があることなどは前提だが、メジャーでもエース級の評価を受ける投手はみな速球の制球力と絶対的な変化球を持ち合わせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る