メジャー激震の「サイン盗み」日本球界に飛び火の可能性

公開日: 更新日:

 サイン盗み問題でメジャーが大揺れだ。

 震源地となったアストロズのルーノウGMとヒンチ監督が解任され、2017年に同球団でベンチコーチを務めていたレッドソックスのコーラ監督、選手として関わったメッツのベルトラン監督も職を追われた。わずか4日間でGM1人と現役監督3人のクビが飛ぶ異常事態だが、現地では「サイン盗み行為は複数球団が日常的に行っている可能性がある」と指摘する声もあり、実際にレッドソックスがハイテク機器を使用したサイン盗み疑惑でMLBから調査を受けている。米スポーツ専門チャンネルの「ESPN」が行ったアンケート調査では、MLBのファンの58%が「選手も処分をされるべき」と回答するなど、騒動はますます拡大しそうな気配だ。

「今回のアストロズの手口は、ビデオカメラで相手捕手のサインを盗み、それをベンチからゴミ箱を叩くことで味方打者に伝えていたというもの。17年にはレッドソックスが電子機器を使用して相手捕手のサインを読み取ったとして、MLBから罰金処分を受けています。当時、マンフレッド・コミッショナーが改めて、試合中に電子機器を使用してのサイン盗み、伝達行為を禁止するとの通達を出したにもかかわらず、アストロズにはそれ以降も不正行為を続けていた疑いがある。常態化していた可能性があり、『アストロズだけではないだろう』という現地メディアやファンの疑念は当然のものです。騒動拡大はイメージ悪化につながるため、MLBがこれ以上の調査をするかはわかりませんが、メジャーはデータ全盛時代で各球団がそれぞれ専任のデータ分析担当などを置いていて、ハイテク機器を活用している。それを悪用しても不思議はありません」(メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る