レッズは“賢いお買い物” 秋山翔吾「3年22億円」のお得度

公開日: 更新日:

 レッズ・秋山翔吾(31=前西武)を取り損ねた球団がじだんだ踏んで悔しがっているという。レッズと3年総額2100万ドル(約22億円)で契約した秋山の平均年俸は約7億3000万円。メジャーで実績のない選手としては、まずまずの条件とはいえ、それでも相場をはるかに下回る金額だという。

「秋山のように中堅守備が安定し、出塁率(通算3割7分6厘)の良い1番を任せられる選手はメジャーでも少ない。米国で実績があって30歳前後の秋山と同じようなタイプをFAで獲得するには、少なく見積もっても3年30億円規模の契約が必要になる。このオフ、秋山の獲得に動いたレッズ以外の球団は3年15億円程度を提示したとみられているが、レッズと同等の金額は用意できたでしょうから、逃がした魚は大きいと悔やんでいるのです」(ア・リーグスカウト)

 外野の要である中堅手は大型契約を手にするケースが少なくない。13年にMVP、12年にゴールドグラブの受賞歴があるアンドリュー・マカッチェン(33)は18年オフ、フィリーズと3年約55億円(年平均約18億3000万円)で契約。18年1月にブルワーズに移籍したメジャーを代表するリードオフマンであるロレンゾ・ケイン(33=通算175盗塁)は5年88億円(同約17億6000万円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る