レッズは“賢いお買い物” 秋山翔吾「3年22億円」のお得度

公開日: 更新日:

 レッズ・秋山翔吾(31=前西武)を取り損ねた球団がじだんだ踏んで悔しがっているという。レッズと3年総額2100万ドル(約22億円)で契約した秋山の平均年俸は約7億3000万円。メジャーで実績のない選手としては、まずまずの条件とはいえ、それでも相場をはるかに下回る金額だという。

「秋山のように中堅守備が安定し、出塁率(通算3割7分6厘)の良い1番を任せられる選手はメジャーでも少ない。米国で実績があって30歳前後の秋山と同じようなタイプをFAで獲得するには、少なく見積もっても3年30億円規模の契約が必要になる。このオフ、秋山の獲得に動いたレッズ以外の球団は3年15億円程度を提示したとみられているが、レッズと同等の金額は用意できたでしょうから、逃がした魚は大きいと悔やんでいるのです」(ア・リーグスカウト)

 外野の要である中堅手は大型契約を手にするケースが少なくない。13年にMVP、12年にゴールドグラブの受賞歴があるアンドリュー・マカッチェン(33)は18年オフ、フィリーズと3年約55億円(年平均約18億3000万円)で契約。18年1月にブルワーズに移籍したメジャーを代表するリードオフマンであるロレンゾ・ケイン(33=通算175盗塁)は5年88億円(同約17億6000万円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る