西武・渡辺GM「必死さ若手に伝わる」松坂獲得の狙いを直撃

公開日: 更新日:

「平成の怪物」は再び輝けるのか。それとも、これが最後の花道になってしまうのか。14年ぶりで古巣・西武に戻ってきた松坂大輔(39)。2日はキャッチボールの距離を50メートルから80メートルに延ばして、「順調です」。練習後は自ら提案した即席のサイン会まで開いた。日本のプロ野球で114勝(65敗)、メジャーで56勝(43敗)、ワールドシリーズ制覇に貢献した右腕も、昨季は0勝1敗。右肩のケガで満足に投げることすらできなかった。そんな松坂を獲得した西武の本当の狙いは何か。渡辺久信GM(54)に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ――松坂を獲得した経緯を改めて教えてください。

「まず、ひとつ言えば戦力的なことがある。ウチの投手陣の昨季の戦いぶりを見ると、後ろは良かった。増田、平井、平良とリリーフの力はある。でも、先発陣が足りない。みんな若い投手ばかりでしょ(高橋光23歳、今井21歳、松本23歳)。1位指名の若手は、まだ成長中。彼らが一本立ちするまでの、まだ序章、プロローグなんだよね。そこでどうしても頭数が欲しいということで、(松坂に)声をかけた。若い投手が大輔を見て、どう思うのか。何かを感じ取って欲しいんだよ。そこまでは大輔には言ってないけど。本人には『自分のことだけ考えてくれ』としか伝えていない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る