西武・渡辺GM「必死さ若手に伝わる」松坂獲得の狙いを直撃

公開日: 更新日:

「平成の怪物」は再び輝けるのか。それとも、これが最後の花道になってしまうのか。14年ぶりで古巣・西武に戻ってきた松坂大輔(39)。2日はキャッチボールの距離を50メートルから80メートルに延ばして、「順調です」。練習後は自ら提案した即席のサイン会まで開いた。日本のプロ野球で114勝(65敗)、メジャーで56勝(43敗)、ワールドシリーズ制覇に貢献した右腕も、昨季は0勝1敗。右肩のケガで満足に投げることすらできなかった。そんな松坂を獲得した西武の本当の狙いは何か。渡辺久信GM(54)に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ――松坂を獲得した経緯を改めて教えてください。

「まず、ひとつ言えば戦力的なことがある。ウチの投手陣の昨季の戦いぶりを見ると、後ろは良かった。増田、平井、平良とリリーフの力はある。でも、先発陣が足りない。みんな若い投手ばかりでしょ(高橋光23歳、今井21歳、松本23歳)。1位指名の若手は、まだ成長中。彼らが一本立ちするまでの、まだ序章、プロローグなんだよね。そこでどうしても頭数が欲しいということで、(松坂に)声をかけた。若い投手が大輔を見て、どう思うのか。何かを感じ取って欲しいんだよ。そこまでは大輔には言ってないけど。本人には『自分のことだけ考えてくれ』としか伝えていない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る