6冠羽生に引退説出るも…王者奪還目指しオーサー氏と決別

公開日: 更新日:

 男子では史上初の偉業も完全復活とはならなかった。

 9日のフィギュアスケートの四大陸選手権(韓国・ソウル)は男子フリースケーティング(FS)を行い、羽生結弦(25)が187・60点で、世界最高得点の111・82点をマークした7日のショートプログラム(SP)と合わせ299・42点で初優勝。世界選手権、五輪、GPファイナルなど主要国際大会6冠を意味する「スーパースラム」を達成した。

 フリーでは、2018年平昌五輪で連覇を達成した時のプログラム「SEIMEI」を演じたが、冒頭の4回転ルッツの着氷に失敗。4回転トーループでは転倒するなどミスが目立ち、自己ベスト(330・43点)更新はならなかった。

 平昌以降は若手が急成長。ライバルのネイサン・チェン(20=米国)に、昨年3月の世界選手権(埼玉)で22・45点差、同12月のGPファイナル(イタリア・トリノ)では43・87点差と、いずれも大差をつけられて後塵を拝した。昨年のGPファイナルで世界最高得点をマークしたチェンは、異次元の強さを発揮。これまでどちらかといえば不得手にしていたアクセルのレベルアップを図るなど、進化は増すばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る