6冠羽生に引退説出るも…王者奪還目指しオーサー氏と決別

公開日: 更新日:

 男子では史上初の偉業も完全復活とはならなかった。

 9日のフィギュアスケートの四大陸選手権(韓国・ソウル)は男子フリースケーティング(FS)を行い、羽生結弦(25)が187・60点で、世界最高得点の111・82点をマークした7日のショートプログラム(SP)と合わせ299・42点で初優勝。世界選手権、五輪、GPファイナルなど主要国際大会6冠を意味する「スーパースラム」を達成した。

 フリーでは、2018年平昌五輪で連覇を達成した時のプログラム「SEIMEI」を演じたが、冒頭の4回転ルッツの着氷に失敗。4回転トーループでは転倒するなどミスが目立ち、自己ベスト(330・43点)更新はならなかった。

 平昌以降は若手が急成長。ライバルのネイサン・チェン(20=米国)に、昨年3月の世界選手権(埼玉)で22・45点差、同12月のGPファイナル(イタリア・トリノ)では43・87点差と、いずれも大差をつけられて後塵を拝した。昨年のGPファイナルで世界最高得点をマークしたチェンは、異次元の強さを発揮。これまでどちらかといえば不得手にしていたアクセルのレベルアップを図るなど、進化は増すばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る