ヤクルト内から聞こえ始めた「奥川は慎重すぎないか?」声

公開日: 更新日:

 “リハビリ”が順調なのは確かなようだ。

 4日、右肘炎症で別メニュー調整中のヤクルト奥川恭伸(18)が2日続けてネットスローを行った。

 前日は38球、この日は55球。ワインドアップ、セットポジションとフォームを試しながら、時にゆっくりした動作で探るように投げた。

 この日は星稜高時代の恩師、林監督がキャンプ地を訪問。奥川は「激励していただきました。(監督の教えである)自分らしく、やっていきたい」と話すと、ネットスローについては「昨日より少し、力を入れて投げました。4割くらいかな。指のかかりはまだまだ。投球を始めたばかりですから」と続けた。

 本人も言うように、投球練習は前日に解禁されたばかり。にもかかわらず、球団内では早くも「調整が慎重すぎないか?」という声が上がっているのだ。

 奥川の右肘は1月の検査で、昨年から抱えていた炎症が完治していないことが発覚。本人に自覚はなく、常々「違和感はない」と話していた。それでもまだ成長段階の高卒1年目。ヤクルトは毎年のように故障者が続出しているだけに、そのトラウマもあるだろう。自主トレ中に投球禁止を言い渡されていた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか