ヤクルト内から聞こえ始めた「奥川は慎重すぎないか?」声

公開日: 更新日:

 “リハビリ”が順調なのは確かなようだ。

 4日、右肘炎症で別メニュー調整中のヤクルト奥川恭伸(18)が2日続けてネットスローを行った。

 前日は38球、この日は55球。ワインドアップ、セットポジションとフォームを試しながら、時にゆっくりした動作で探るように投げた。

 この日は星稜高時代の恩師、林監督がキャンプ地を訪問。奥川は「激励していただきました。(監督の教えである)自分らしく、やっていきたい」と話すと、ネットスローについては「昨日より少し、力を入れて投げました。4割くらいかな。指のかかりはまだまだ。投球を始めたばかりですから」と続けた。

 本人も言うように、投球練習は前日に解禁されたばかり。にもかかわらず、球団内では早くも「調整が慎重すぎないか?」という声が上がっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る