ロッテ佐々木25球に絶賛 速さと制球を両立させる潜在能力

公開日: 更新日:

 投手にとって、球速と制球は相いれない関係にあるといわれている。全力で速い球を投げようと思えば力むし、フォームは乱れる。フォームに狂いが生じれば、制球も乱れるのが道理だ。プロ野球界には速い球を投げる投手がゴロゴロしているが、たいていは制球に難がある。

 そんな球界の“常識”を覆す可能性があるのがロッテドラフト1位ルーキー・佐々木朗希(大船渡)ではないか。

■初ブルペンを首脳陣も捕手も絶賛

 石垣島キャンプ最終日となった13日、初めてブルペン入り。捕手を立たせたまま投げ込んだ25球を、周囲は絶賛した。

「今年ブルペンを見た中でナンバーワン。まだ調整段階なのにね」と、井口監督が舌を巻けば、吉井投手コーチも「あれだけのボールを投げる投手は見たことない。すごかったよ」とベタボメした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る