内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

過酷練習で成長 鈍足の江藤智が走塁で長嶋監督を驚かせた

公開日: 更新日:

 1990年代にカープの主砲だった江藤智は、88年のドラフト5位で捕手として入団した。私は二軍打撃コーチ。この時すでに右肩を故障していて、二塁まで強く送球できない状態だった。

 一方で打球の飛距離は群を抜いていた。今ではどこでもやっているロングティー。これを当時の山本浩二監督は好んだ。一番最初にやり出した人物ではないか。体全体を使って強く振る練習になるから、私も推奨している。

 江藤は新人時代に、このロングティーでバックスクリーンにブチ当てた。勢いのないトスをスタンドまで持っていくには、相当な力が必要。肩は故障していても、これだけ強く、遠くへ飛ばせるのは長所であり、大きな魅力だった。江藤を「強化指定選手」にすることにした。とはいえ、投げられなくては捕手は厳しい。3年目からは三塁手として鍛える方針になり連日の猛ノックで土台をつくった。足でしっかり土を掴み、下半身を安定させるため、裸足でのスイングも取り入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る