六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

開幕戦2Gの浦和レオナルドは往年の釜本邦茂を彷彿とさせた

公開日: 更新日:

 2020年のJ1リーグが2月21日に開幕した。前年のリーグ覇者である横浜FMは、G大阪に1ー2で敗れる波乱のスタートとなった。他にも天皇杯を制した神戸は、昇格組の横浜FCと1ー1のドロー。昨シーズン3位の鹿島は、広島に0ー3と完敗して<初めて最下位に名を連ねる>など想定外の試合が多かった。そんな中で気を吐いたのが、昇格組の柏だ。

 札幌に4ー2で競り勝ち、2位と好スタートを切った。ケニア人初のJリーガーであるオルンガが原動力となった。

 193センチの長身ストライカーはロングパスに反応して快足を飛ばし、飛び出してきたGKをかわすなどして2ゴールをマーク。昨シーズンのJ2最終・京都戦で1試合8ゴールという驚異的なJリーグ新記録を作った男が、その持てるポテンシャルを遺憾なく発揮した。

 柏は、かつて2011年にJ2から昇格するや、いきなりJ1リーグ優勝という快挙を達成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る