1万人が熱烈歓迎 ボタフォゴ入り本田圭佑への“過剰な期待”

公開日: 更新日:

 日本代表として出場した3度のW杯ですべてゴールを決めた男=本田圭佑が、日本サッカーの象徴的存在であることに異論はないが、一部サッカー関係者から<疫病神>と呼ばれている。 

 ブラジルの大都市リオデジャネイロでは、フラメンゴ、フルミネンセ、バスコ・ダ・ガマ、そしてボタフォゴの4大クラブがしのぎを削る。過激なサポーターが多いことで知られるボタフォゴ入りが決まった本田が7日に現地入りすると空港に3000人の、本拠スタジアムでの入団セレモニーには約1万人のサポーターが出迎えた。

 しかし、9日のフルミネンセ戦を0―3で完敗するとバレンティム監督が解任されてしまった。

<本田と解任>といえば昨年11月、オランダ1部フィテッセに加入後、2試合プレーしたところでスルツキー監督がクビになった。2014年1月に加入したイタリア・セリエAのミランではデビュー戦の翌日にアッレグリ監督が解任され、入団2試合目はタソッティ暫定監督、3試合目はセードルフ監督と<デビュー3試合すべて異なる指揮官の下でプレー>した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか