J1浦和レオナルド“カテ別3年連続得点王”の偉業達成なるか

公開日: 更新日:

 浦和に新加入したブラジル人助っ人のレオナルド(22)が、偉業にチャレンジしようとしている。

 2018年シーズンはJ3鳥取で24ゴール。2019年はJ2新潟で28ゴール。J1浦和に引き抜かれた今季、最多ゴールを決めれば<3部から2部、そして1部と別カテゴリーで3年連続得点王>という前人未到の記録達成となるのである。

 浦和デビューとなった16日のルヴァン杯の仙台戦で2ゴール。ストライカーとしてのポテンシャルの高さを遺憾なく発揮した。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう解説する。

「右MF関根が右サイドからボールを持ち込んだとき、ペナルティーエリア内にはFW杉本を含めて浦和選手が2人、仙台選手が6人と“渋滞”していた状況を見て取ったレオナルドは“あえてゴールの近く”に行こうとせず、PAの外で待ち構えることで仙台選手からのマークを逃れた。そしてフリーの状態で両手を足元に向けて広げ、関根にボールをよこすように要求し、相手GKの立ち位置を把握しながらゴール左下に流し込んだ。2ゴール目は、左SB山中が左サイドをえぐった際に<相手ゴールのニアサイドにグラウンダーのボールが出てくるに違いない>と予測し、ニアに走り込んで右足インサイドできっちり押し込んだ。レオナルドは、点取り屋として<いるべきときにいるべき場所にいる>ことのできるFWです。ゴールの枠内に蹴り込む技術の高さもあり、今季J1得点王の可能性は十二分にあると言っていいでしょう」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る