意外な評判…虎山本昌臨時コーチはまさかの途中降板だった

公開日: 更新日:

「本来ならキャンプ終了までやると聞いていた」

 某球団の関係者がこう言うのは、阪神で2月16日まで臨時投手コーチを務めた中日OBの山本昌氏(54)のことだ。

 昨秋キャンプから臨時コーチとして投手陣を指導。特に、不振に悩む藤浪には手首を立て、球のバラつきを抑えるフォームを伝授するなど、手取り足取りで再生に取り組んだ。

「山本さんは、個々の選手の特徴を予習してキャンプに臨んだ。一軍の宜野座(沖縄)に限らず、二軍の安芸(高知)でも新人選手に野球論を講義するなど、熱心に駆けずり回っていた。今後も『何かあれば』と指導に意欲を燃やしていましたが、球団の方から、山本さんに対し、“途中降板”が通達されたそうです」

 とは、冒頭の関係者だ。

■まるでチーフコーチ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る