大相撲初の無観客場所が「土俵」と「財政」に起こす波紋

公開日: 更新日:

 1日、相撲協会は臨時理事会を開き、8日初日の3月場所(大阪)を無観客で行うと発表した。

 完全な無観客は今回が初。期間中に力士から感染者がひとりでも出れば、その時点で場所そのものを中止にする意向もこの日、示された。

 それでもテレビ中継は行い、懸賞も1日時点で約1600本集まっているという。協会は「今後は懸賞の取り下げも出てくるはず」と危機感を抱いているが、それでも力士にとってはモチベーションを維持する上でありがたい話だろう。

 ただ、応援や歓声があるとなしでは大違い。会見を行った八角理事長(元横綱北勝海)も、「気持ちの高め方が難しい」と話している。

 ある親方は「2011年の技量審査場所(5月)を思い出す」と、こう続ける。

「当時は八百長騒動の影響で無料開催。その代わり、懸賞も中継もなかった。いつもと勝手が違うからか、把瑠都(当時大関)が『遊びの場所みたい』と口を滑らせていた。中継と懸賞がないだけでもそうなのだから、お客さんがいない今場所は余計に気が抜けるだろう。気合が入らず、しなくてもいいケガをする可能性もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る