大相撲初の無観客場所が「土俵」と「財政」に起こす波紋

公開日: 更新日:

 1日、相撲協会は臨時理事会を開き、8日初日の3月場所(大阪)を無観客で行うと発表した。

 完全な無観客は今回が初。期間中に力士から感染者がひとりでも出れば、その時点で場所そのものを中止にする意向もこの日、示された。

 それでもテレビ中継は行い、懸賞も1日時点で約1600本集まっているという。協会は「今後は懸賞の取り下げも出てくるはず」と危機感を抱いているが、それでも力士にとってはモチベーションを維持する上でありがたい話だろう。

 ただ、応援や歓声があるとなしでは大違い。会見を行った八角理事長(元横綱北勝海)も、「気持ちの高め方が難しい」と話している。

 ある親方は「2011年の技量審査場所(5月)を思い出す」と、こう続ける。

「当時は八百長騒動の影響で無料開催。その代わり、懸賞も中継もなかった。いつもと勝手が違うからか、把瑠都(当時大関)が『遊びの場所みたい』と口を滑らせていた。中継と懸賞がないだけでもそうなのだから、お客さんがいない今場所は余計に気が抜けるだろう。気合が入らず、しなくてもいいケガをする可能性もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る