勝武士コロナ死に角界ショック「初っ切り名人」に惜しむ声

公開日: 更新日:

 13日、大相撲の高田川部屋に所属する三段目力士、勝武士(28=本名・末武清孝)が亡くなったことが、相撲協会から発表された。死因は新型コロナウイルス肺炎による、多臓器不全。糖尿病を患っており、容体が心配されていた。

 勝武士は角界で最初に新型コロナウイルスの感染が明らかになった力士。

 4月4日に発熱を訴えるも、保健所に電話がつながらず、その後も受け入れ可能な病院は見つからなかった。8日に血痰を吐いたため救急車を呼んだが、病院に搬送されたのは夜。簡易検査では陰性と診断された。その後は大学病院に転院し、PCR検査で陽性と判明。集中治療室に運ばれるなど容体が回復することなく、約1カ月の闘病の末、帰らぬ人となった。

 ある親方は「協会には正確な情報は入ってきてなかった」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  8. 8

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  9. 9

    差別は悪なのに…なくならないのは利用する者もいるからだ

  10. 10

    検察庁法改正ではなく刑法185条の罰則規定の具体化が必要

もっと見る