大関昇進・朝乃山の転機 中学時代の左ヒジ骨折と不屈精神

公開日: 更新日:

「大関の名に恥じぬよう、相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」

 25日、大関昇進が決まった朝乃山(26)が、協会からの使者を迎え、堂々と口上を述べた。

「一生懸命」は師匠の高砂親方(64=元大関朝潮)が大関昇進した際に言った言葉。「愛と正義」は母校・富山商業高校が掲げる校訓だ。この口上には高砂親方も「100点満点」とニンマリ。入門5年目の朝乃山は「こんなに早く大関になれるとは思ってなかった」と語り、「大関は看板力士。しっかりした言動をしていきたい」と、決意を新たにした。

■中学入学時は「鏡モチのよう」

 本名は石橋広暉。1994年、相撲が盛んな富山市呉羽町で生まれた。朝乃山が卒業した呉羽小学校には明治・大正時代の横綱太刀山由来の土俵があり、相撲とハンドボールを掛け持ちしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る