大関昇進・朝乃山の転機 中学時代の左ヒジ骨折と不屈精神

公開日: 更新日:

「大関の名に恥じぬよう、相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」

 25日、大関昇進が決まった朝乃山(26)が、協会からの使者を迎え、堂々と口上を述べた。

「一生懸命」は師匠の高砂親方(64=元大関朝潮)が大関昇進した際に言った言葉。「愛と正義」は母校・富山商業高校が掲げる校訓だ。この口上には高砂親方も「100点満点」とニンマリ。入門5年目の朝乃山は「こんなに早く大関になれるとは思ってなかった」と語り、「大関は看板力士。しっかりした言動をしていきたい」と、決意を新たにした。

■中学入学時は「鏡モチのよう」

 本名は石橋広暉。1994年、相撲が盛んな富山市呉羽町で生まれた。朝乃山が卒業した呉羽小学校には明治・大正時代の横綱太刀山由来の土俵があり、相撲とハンドボールを掛け持ちしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る