プロ野球6月開幕に選手から反対なし 米と彼我の差はなぜか

公開日: 更新日:

 お国柄の違いなのかどうか。

 7月上旬の開幕を目指す米大リーグでは、選手が次々に反対の声を上げている。「選手たちは闘犬とほぼ同じ状況だと思う」「実際に自分や家族を犠牲にして戦うのは選手や現場スタッフ」とツイッターで発信したカブスのダルビッシュ(33)をはじめ、レイズのスネル(27)、ロッキーズのアレナド(29)、フィリーズのハーパー(27)といった球界を代表する選手たちが開幕案に反対しているのに対し、日本のプロ野球はそのメジャーより早い6月中の開幕を目指しているのに、選手から反対の声は聞こえない。

 野球はチームスポーツだ。どうしたって“濃厚接触”が避けられない局面は多々ある。6月中の開幕に警鐘を鳴らす専門家も多いから、不安を感じている選手も少なからずいるはずだ。それでも12球団の選手たちは、黙々と練習をこなしている。

 彼我の差はなぜか。野球文化学会会長で、名城大准教授の鈴村裕輔氏はこう言った。

「メジャーは3月下旬に経営者側と選手会の間で、年俸は試合数に応じて支払うことでいったん合意しています。なのに経営者側はコロナ禍で収入が大幅に減ることを理由に、選手の年俸をさらに減らしたいと言いだした。それで選手会側はいったん握手をしておきながらひっくり返すのは話が違うだろうと言っている。スネルが、これ以上年俸が減るならプレーしないと言っているのはつまり、そういう背景があるからです。そこへいくと日本の選手会側は経営者側とまだ、年俸に関する交渉をしていません。いや、しているのかもしれませんけど、情報が選手たちに伝わっていないでしょうから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?