大谷翔平“二刀流”再始動 最終試験は「5回60球」がノルマ

公開日: 更新日:

 米大リーグ30球団が今季開幕(23日か24日)に向け、3日(日本時間4日)から本拠地やキャンプ地で再始動した。

 開幕から投打の二刀流で期待が集まるエンゼルス・大谷翔平(25)は本拠地アナハイムでキャンプイン。初日からブルペン入りし、首脳陣が見守る中、変化球を交えて37球を投げ込んだ。主力投手を相手にフリー打撃も行い、二刀流としての再スタートを切った。

 一昨年10月に受けた右肘の靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術から順調に回復。故障明けの選手に特別に認められた活動自粛期間中の自主トレでは、ライブBPといわれる実戦形式のフリー打撃に登板し、ジョー・マドン監督、エプラーGMからはマウンド復帰へのお墨付きを得ている。

 当初はマイナー戦での実戦復帰が予定されていたものの、新型コロナの影響でそれも中止。5月以降は打者相手に定期的に投げているとはいえ、相手は同僚、決まった顔ぶればかりだ。大谷が最後に登板したのは2018年9月2日のアストロズ戦と、実戦感覚に不安を残している。各チームとも2試合のみ実施が認められているオープン戦での登板が予定される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る