オリが初の6連敗…パ同一球団6連戦に現場の悲鳴と怨嗟の声

公開日: 更新日:

 前例のない「同一球団6連戦」にパ球団が戸惑っている。

 新型コロナウイルスの影響で日程に大きな変化が出ているプロ野球。特にパは移動を極力少なくするため、8月下旬までは同じ相手と同じ球場で6連戦が続く。例年なら3試合戦えば相手が切り替わったものの、当面は目の前の相手と1週間付き合わなければいけない。先週はオリックスロッテに史上初の「6タテ」を食らったように、大型連敗・連勝がまた起こらないとも限らない。

 あるパ球団のスタッフは「野球は3連戦が基本。そのことを嫌というほど思い知らされた」と、こう続ける。

「3連戦だと、まず初戦を落とさないことが大事。その上で最低でも2勝1敗で勝ち越すことがオーソドックスな戦い方です。負け越しても、『次のカードで挽回しよう』となるが、また同じ相手とでは気持ちの切り替えも難しい。ソフトバンクに最初の3戦で1勝2敗だった西武の辻監督も、次の3試合について『また一緒の相手か』とうんざりしていたでしょう。西武はその後、3連勝したからいいものの、オリックスのような惨敗はどの球団にもあり得る」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る