巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(30)が今季初の完封勝利を挙げた。3日の中日戦で六回まで無安打無得点。七回にビシエドに二塁打を浴びたものの、打たれたのはこの1安打のみ。122球を投げ抜いた。

 先発投手陣にはある指令が下っていた。開幕から2日までの12試合中、先発が7回を投げ切ったのは開幕戦の菅野と2日の桜井だけ。この日の試合前、報道陣に対応した宮本投手チーフコーチがこう言った。

「きのう(原)監督と話をして、先発には最低7、8回は投げて欲しいと。(高木)京介とか(中継ぎ陣)の登板数が増えている。球数は少なく、イニングは多く。中6日なんだから、先発はもう少し投げていただかないと。今日はエース(菅野)。やってくれないと困ります」

 これに菅野も呼応。「もっと先発が頑張らないと。長いイニングを投げられるようにしたい」とマウンドに向かった。前回登板のヤクルト戦は5回3分の2を投げ、7安打5失点で降板。嫌なイメージを払拭する好投となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る