新型コロナで乱闘禁止の大リーグ…闘将・星野氏は何を思う

公開日: 更新日:

 米大リーグ(MLB)のレギュラーシーズンが3週間後に始まる。

 23日か24日に開幕し、60試合とする方針だ。新型コロナウイルスの感染拡大によって当初開幕予定だった3月26日から4カ月遅れとなったものの、日本の大リーグファンにとっても嬉しいニュースに違いない。

 一足早く開幕した日本のプロ野球では、無観客試合や選手同士のハイタッチの禁止――など新型コロナの感染防止策が取られているが、大リーグも同じ。そのひとつが、大リーグの試合中にしばしば見受けられる「乱闘」を防ぐことだ。

 MLBの「開催要項」には「Fights are strictly prohibited」(乱闘は厳しく禁じられる)の一文がある。

 乱闘に至る主な原因は死球で、ぶつけられた打者がマウンド上の投手に襲いかかり、両軍ベンチから選手が飛び出し、入り乱れる。これが、まさに「密」となるわけだ。その「密」を避けるため、今シーズンは球審が危険球をより厳しく取るといわれているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る