再始動ヤンキース田中 レッドソックス戦に数々の不安要素

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(31)が、レギュラーシーズン開幕(23日か24日)に向けて動き始めた。

 ヤンキースのブーン監督が1日(日本時間2日)に電話会見、田中について「既にニューヨーク入りし、(新型コロナウイルスの)検査を受け終わった。準備ができている先発投手の一人だ」と話した。チームは4日に本拠地ヤンキースタジアムで再始動し、田中も初日から参加する見込みだ。

 田中は、オフに総額約356億円でFA移籍した右腕コール(前アストロズ)に次ぐローテの2番手を務める。7年契約が満了する今季終了後にはFAになるだけに、結果を残さなければならないが、ア・リーグ東地区のライバルが最大の壁として立ちはだかる。田中は宿敵のレッドソックス打線を苦手にしているからだ。

 対レッドソックス戦は昨季までの6年間で21試合に登板して2完封を含む8勝5敗と勝ち越してはいるものの、防御率5・76。昨年6月、ロンドンでの対戦では初回に4安打6失点と炎上、わずか3分の2回でKOされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る