阪神・西がコロナ禍に密会不倫 本当の評判とロッカー事件

公開日: 更新日:

「あんなに、いいヤツは珍しい」

 球団幹部、首脳陣、報道陣は、こう言ってクチをそろえる。16日発売の週刊文春で緊急事態宣言下の不倫を報じられた阪神のエース・西勇輝(29)のことだ。

 西にはしかし、裏の顔があるという。

「自分にとって得になりそうな人にはこれでもかと笑顔を振りまくし、リップサービスもする。けれども、そうじゃないと思う相手に対してはけんもほろろ。とにかく裏表の激しいヤツだね。正確な時期は覚えてないけど、西が遠征に行かず、二軍の神戸で居残り調整をしていたときのことだと聞いている」と、西の古巣であるオリックスOBの評論家が明かすにはこんなことがあったそうだ。

 当時の二軍のロッカーは手狭で、自分のロッカーすら持てないスタッフもいたほど。居残りの投手のほとんどは、荷物をロッカー以外の場所で管理していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る