阪神「地獄の13連戦×2」と大騒ぎ…MLBなら鼻で笑う軽々しさ

公開日: 更新日:

 梅雨空が恨めしいだろう。

 今季のプロ野球はコロナ禍により開幕が約3カ月遅れた。143試合が120試合に短縮されたものの、6連戦が続く日程になった。そこへもってきて、梅雨による連日の雨だ。阪神は雨天中止となった7、8日巨人戦(甲子園)が9月7日、10月5日の予備日に行われることになった。

 よって、9月1日(ヤクルト)から13日(広島)、9月29日(中日)から10月11日(DeNA)まで、2度の13連戦が「発生」した。それをスポーツマスコミは「地獄の連戦」というが、メジャーリーグ(MLB)の過酷さに比べたらかわいいものだ。

 MLBも今季は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕は7月23日まで大幅に遅れた。そのためシーズン162試合は60試合に短縮。通常は全米各地を転戦しているが、ア、ナ両リーグとも東、中、西の3地区制に分かれ、対戦は同地区同士に限定。移動の負担も軽減される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る