巨人戦も持ち越し 阪神がはじく甲子園3戦連続中止の皮算用

公開日: 更新日:

 ちょっと無理すればできたんじゃないか?

 そんな印象を抱いたのが、8日の阪神巨人戦だ。確かに巨人が打撃練習をしている頃はドシャ降りの雨が降っていたが、午後4時過ぎには雨はピタリとやみ、6時半時点ではグラウンドの水も引き始めていた。阪神園芸の整備技術をもってすれば、1時間もかからず試合はできたのではないか。試合開始予定10分前の天候不良による中止発表が悔やまれる。

 6日の予備日に組まれていた広島戦も雨天中止。阪神は2年ぶりに3試合連続で中止になった。巨人戦2試合は9月7日と10月5日に設定されている予備日に組み込まれる可能性がある。

 これで9月から10月にかけて13連戦が2度組まれることが濃厚になったが、屋根のない甲子園のこと。この先も数試合が中止になれば、さらなる「超過密日程」は避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る