G戸郷は負けてなお評価…“難敵攻略係”で桑田超えの年俸に

公開日: 更新日:

 巨人戸郷翔征(20)が連敗を喫した。

 29日のDeNA戦に先発。梶谷、高城に浴びた2発に泣き、5回4安打3失点。7三振を奪ったものの、22日の中日戦に続いて2敗目(3勝)となり、「調子が良かっただけに、あの2本のホームランは凄く悔しい」と唇をかめば、原監督は、「防げる本塁打なのか、防げなかった本塁打なのか、本人がどういうふうに考えているのかというところ」と反省を促したが、これも期待の裏返し。高卒2年目右腕への首脳陣の評価は、依然として高いという。それは、これまでの「3勝」の内訳にある。

 昨季2位のDeNAから1勝、5年連続で負け越している天敵・広島から2勝を挙げているのだ。広島のチーム打率はリーグトップの・287、DeNAは同2位の・273。開幕前に優勝争いのライバルと目された2トップの打線を封じていることに意味がある。巨人はこれまで広島に4勝1敗1分け。DeNAには6勝2敗と大きく勝ち越している。「これは戸郷の働きが大きい」と巨人の関係者が目を細めるのには、こんな理由がある。セのスコアラーがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る