コロナ禍で与田監督も?中日監督交代の嬉しくないジンクス

公開日: 更新日:

 また勝てなかった。

 30日の広島戦を引き分けた中日は今季、13勝21敗2分けで借金8の最下位に低迷。チーム打率・247、総得点112はともにリーグ最低。チーム防御率も4・32(同4位)と、投手陣も安定感を欠いている。さらに、継投失敗、野手使い切りといった与田監督の“迷采配”ぶりもあって、中日ファンの怒りは増すばかりだ。

 与田監督は今季が3年契約の2年目だが、就任1年目の昨季も5位に低迷している。中日周辺では、「与田監督招聘に動いた白井(文吾)オーナーが今年3月に退任。6月には中日新聞社の会長(取締役)を退き、顧問名誉会長に就いた。最大の後ろ盾が一線を退いた今、このまま低迷が続けば進退問題に発展する可能性は十分にある」と、もっぱらだ。

 さらに中日には、監督にまつわるジンクスがあるという。放送関係者がこう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る