中日にDeNA…巨人原監督を高笑いさせるセ指揮官の“迷”采配

公開日: 更新日:

 2位ヤクルトに今季最大の3ゲーム差をつけて首位を快走する巨人原辰徳監督(61)の高笑いが止まらない。先月19日の開幕から1カ月が経過したプロ野球。セ・リーグ指揮官の“迷”采配ぶりが際立っているのだ。

 中日与田剛監督(54)がまさかの“弾切れ”の大チョンボを犯したのは7日のヤクルト戦。1点を追う延長十回だった。2死一、三塁で京田を迎えると、ヤクルトベンチは申告敬遠を選択。サヨナラの走者を得点圏に進めさせてまで指示をした理由は、次の打者にあった。8番に入っていたのは投手の岡田だったが、なんと中日ベンチに野手が1人も残っていなかったのだ。岡田の代打は中継ぎ投手の三ツ間。結局、空振り三振に倒れ、ゲームセットとなった。

 十回表を迎える前に、与田監督は8番に抑え投手の岡田を入れ、9番には七回の代打から途中出場していた捕手のA・マルティネスに代えて加藤にマスクをかぶらせていた。加藤を温存するか、せめて8番・加藤、9番・岡田の順にしておけば、少なくともあの場面で投手を代打に送るという赤っ恥は避けられたはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る