山中正竹
著者のコラム一覧
山中正竹ソウル五輪コーチ/バルセロナ五輪監督

1947年4月24日、大分県生まれ。佐伯鶴城高、法政大、住友金属工業で投手としてプレー。東京六大学最多勝利記録保持者(48勝)。住友金属で監督を務めた後、88年ソウル五輪コーチで銀メダル、92年バルセロナ五輪監督で銅メダルを獲得。法政大監督、横浜ベイスターズ専務などを歴任し、2016年野球殿堂入り。17年から侍ジャパン強化委員会強化本部長を務め、18年に全日本野球協会会長に就任。169センチ、64キロ。左投げ左打ち。

石井丈裕は完全アウェーの韓国戦で悔しさをあらわにした

公開日: 更新日:

 1988年ソウル五輪では、のちに西武ライオンズで活躍する2人の右腕がチームの中心にいた。石井丈裕(プリンスホテル)と、潮崎哲也(松下電器)である。

 当時23歳だった石井は、野茂英雄(新日鉄堺)、潮崎による投手3本柱の軸だった。予選リーグ初戦のプエルトリコ戦に先発、2戦目の台湾戦でリリーフとして登板。そして、最も大きなヤマ場であった準決勝の韓国戦と、決勝の米国戦で先発を託した。

 88年のドラフトで、石井とともに西武から指名される3学年後輩の右腕、渡辺智男(NTT四国)が五輪直前の世界選手権(イタリア)の米国戦で右肩を故障。本番ではこの2人に主戦を任せる予定だったが、長いイニングを投げることが難しくなり、石井への期待はますます高まった。

 完全アウェーとなった準決勝・韓国戦。大きな重圧がかかる中、7回途中5安打1失点と素晴らしい投球をした。石井らしさが見えたのは、0―0で迎えた七回表。投手前に転がったバントを処理する際、うっかり足を滑らせた。捕球することができず、ピンチを広げた。

 すると石井は、グラブを思い切りグラウンドに叩きつけ、悔しさをあらわにした。試合会場のチャムシル球場は、マウンド付近が天然芝だった。当時の海外の球場は芝目が長く、日本と比べてグラウンドもきちんと整備されていないことが多かった。守備に細心の注意を払うべきだったが、好投していた彼を責められるはずがない。場内にブーイングが巻き起こる中、私は石井の行為を自分自身への強い叱責と受け取った。日本人はあまり感情を表に出さないといわれるが、石井は闘争心を前面に出す。それがまた彼の良さでもあった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?